魅力的な文章を書く

文章は訓練すれば上達する。訓練とは、文章をしょっちゅう書くことだ。日記をつけて、日々の心の動きや世間に対する物事の描写やそれに対する意見等を書く。それを頻繁に実行すれば、やがて文章が書き慣れてくる。書き慣れるということは、上達するということである。文章家として名高い作家たちの作品をたくさん読むという方法もある。表現の素晴らしい箇所を見つけたら、それを書きだして自分でも何回も書いてみる。表現をそのまま盗んではいけないが、書く対象の視点の持っていきかたや、表現方法のコツが徐々につかめるようになる。しかし、自費出版をする人に訓練の時間はないかもしれない。いきなり自費出版の原稿に挑戦という人が多いだろう。そういう人たちは、上手い文章を書くことは難しいかもしれないが、読みやすい文章を書くことはできる。文章が面白くて読みやすいい文章であれば、とても魅力的になる。読みやすい文章とは、だれでも分かるやさしい言葉を使い、単純な文章で書くことである。抽象的な表現もなるべく避けるべきである。自分だけ分かっていても読者を置いていけぼりにすることがある。単純な文章にするコツは短い文にすることである。主語と述語がはっきり分かる文章にすれば良い。文章のルールも忘れてはならない。また、文章を魅力的にするために段落が果たす役割は大きいので、意識しなければならない。