自費出版

まず、紙の本を出版するには、商業出版と自費出版の2つの方法がある。商業出版とは、出版社が出版の経費を全て負担し、印刷冊数に応じて、著者に所定の印税を支払う方式である。自費出版は著者自身が編集、制作、印刷、製本の経費を負担する。販売・流通の経費は、著者と出版社が分担し、販売冊数に応じて、著者と出版社が売上利益を分割する方式である。商業出版の法が著者にとって有利なので、誰もが希望する。しかし、ふつうの商業出版は、物書きを職業とする人、著名人に限られてくる。プロの作家や著名人の本であれば、出版会社も印刷や製本、販売、流通などの経費を負担しても採算に合うことは期待できる。しかし、無名の著名作家は採算が見込めないので、商業出版に応じることはない。無名作家の原稿がたまたま編集者の目にとまり、商業出版をするということもあるが、その可能性は低い。しかし、特定の専門分野に特化した原稿は商業出版をする可能性が高いかもしれない。それと比較してフィクション系の商業出版の道はグッと狭くなる。よほど出版社の心をとらえるような記事でない限り道はない。フィクション系の商業出版をするためにはなんらかの文学賞を受賞しなければならない。今日活躍する作家たちは、この難題をクリアしてきた人たちである。このように商業出版の道は困難であるので、本を出したいという人は自費出版の方がよい。